ピルを飲もう|資格のある医師に中絶手術を頼む|精神のケアもできる
ドクター

資格のある医師に中絶手術を頼む|精神のケアもできる

ピルを飲もう

待合室

産婦人科は大阪にもあるので、妊娠や出産を予定していなくてもできるだけ定期的に通うことが大切です。女性が自分自身で身体のことに気づかなければ、いつの間にか妊娠してしまっていたということはありうるからです。妊娠中絶以外にも、大阪の産婦人科では中絶を繰り返さないための方法についてもアドバイスしてくれます。初期妊娠が母体に負担をかけない方法であるとしても繰り返してしまうと身体が抱えるリスクは高くなってしまうのです。そのため、一度妊娠中絶を行なった人は特に、大阪に住んでいる人ならば近くにある大阪の病院でしっかりアドバイスを受けましょう。

妊娠中絶をしないためには妊娠しなければ良いので、コンドームを男性につけてもらうという人も多いでしょう。大阪ではドラッグストアだけでなくコンビニに行けばコンドームは簡単に手に入るので、女性自身がパートナーに付けさせられるようにずっと持ち歩いている人もいます。しかし、コンドームだけでは不十分なのです。コンドームの避妊成功率は、完璧に装着したとしても80%~90%だからです。そのため、妊娠を防ぐためには女性も低用量ピルを医師から処方してもらうことが大切です。低用量ピルを服用しておけば、排卵を抑制する作用があるので、精子が子宮の中に入ってきたとしても受精が行なわれませんので、妊娠することがありません。低用量ピルは大阪の産婦人科では処方してもらえますので、妊娠中絶を一度行なった人は相談して処方してもらうのも良いでしょう。妊娠を防げるだけでなく、ホルモンバランスを整える効果もあります。