全女性が知るべきリスク|資格のある医師に中絶手術を頼む|精神のケアもできる
ドクター

資格のある医師に中絶手術を頼む|精神のケアもできる

全女性が知るべきリスク

カウンセリング

大阪の産婦人科では妊娠している人の定期検診を行なっており、生育が十分でない、母体に出産が危険であるという判断をした場合妊娠中絶を勧めることがあります。その時、なるべく母体に負担をかけないように、早期に妊娠中絶をすることがあるのです。法律でも中絶手術をしていい期間が決まっているので、注意しましょう。妊娠してしまったので大阪のクリニックで手術を受けたいと考えている人は、この中絶手術ができる期間と妊娠中絶にかかるリスクを十分に理解している必要があります。特に妊娠中絶を望んでいなくても、妊娠後流産する確率は初期でなんと10%前後の確率で生じるといわれているので、中絶手術のことは全女性が知っておいた方がいいことでもあります。

産婦人科を大阪で選び、手術をするためには早めが良いといわれていますが、これは第一には中絶は22週以降は行なってはいけないためです。22週というと5ヶ月なので、余裕があると思いがちですが、妊娠検査キットで妊娠陽性反応がでるのは3ヶ月を過ぎた場合のことが多いので、実際はかなり余裕がないといえます。しかも母体に影響が大きくない初期中絶手術は11週までなので、2ヶ月から3ヶ月までには大阪のクリニックを探して手術を受けなければいけません。初期中絶手術は大抵ソウハ法や吸引法になりますので、手術時間も短いです。しかし、全身麻酔する場合は全身麻酔中に起こりうるリスクも理解する必要があります。中期中絶となると人工陣痛を起こさなければならなくなるので、妊娠中絶には相当母体に負担がかかると理解しておきましょう。